アニメ感想などなど書いちゃってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0007_convert_20120326000852.jpg

先日発売されたVita版リトバスを触った感想を少し…

そしてここにきて突如出てきたアニメ化の話はいったい…?
(■key「リトルバスターズ!」TVアニメ化決定!)

PS2、PSPと来て3作目となるリトバスCEですが、個人的にはこの3作では一番出来が良いと感じています。
何よりプロトタイプならではの「簡素なコンフィグ」が、とうとう細かく設定できるようになったのは嬉しい!
PS3版CLANNADの時もとても細かく設定できたので、ハードの能力によって左右されているのかもしれない。

とはいえ、PSPでの他ギャルゲーに目を向ければPSPでも優秀なシステムを揃えたゲームは多数あるし、そもそも経験豊富なPS2ですらPSPレベルだった事を考えると、やはりこれはプロトタイプの怠慢だったとしか…

2012-03-24-142533.jpg

Vitaならではの綺麗な画面、従来のボタン送りはもちろんタッチでの操作も可能と、リトバスCEをやりたくてハードを選ばないならVita版一択な出来となっております。
PSPで豪華声優がモブキャラに声を当て、フルボイスとなったのも当然引き継がれていますし、発売前から告知されていた「あーちゃん先輩」の冬服立ち絵も追加されて、まさに完全版と言ってもいいんじゃないでしょうか。
アップデートすることで文章をオートにしていても本体がスリープに入る事は無く、プレイする分にはストレスを感じません。

毎度の如く直前で延期して手こずってるのかなーなんて思ってたけど、これなら今後のプロトタイプのギャルゲーは期待できそう?
とりあえず期待されているであろうRewriteの移植先はVitaでも問題無いんじゃないかな。

特典のドラマCDは、かつてパーフェクトビジュアルブックに書き下ろされた都乃河勇人によるSSに声が当てられた内容。
読んで内容を知っている人からしたら新鮮味は薄いだろうけど、内容自体は素晴らしい物なので良い特典だったと思う。


さてそんな完璧なリトバスが発売された直後、望むに望まれていよいよアニメ化の話が…本来の初報は4月10日の電撃ビジュアルアーツだった模様?
昨年のVAVA社長の京大講演(ググればたくさん出てきます)もあったので、本当に難しいんだろうなーと思っていたけど…
製作会社がどこかまだわからないので、まずはそこが一番の注目点。これまで通り京アニなのか、AB繋がりでP.A.なのか…
どちらにしてもシナリオの構成上アニメ化自体が難しいので、尺足りねぇ表現おかしいなんて声が今から聞こえてきそう…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。