--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/10

■声優、川上とも子さんが死去 「ケロロ軍曹」の日向冬樹役

初めてアニメを意識して観るようになって聞いたとも蔵初のキャラは冬樹、でも調べてみると小学生の頃観ていたBビーダマン爆外伝にもルイルイで出ていたようだ。
その後明確に「川上とも子」という声優を意識するようになったのは、何と言っても観鈴ちん。

今もそうだけど、Key作品にどっぷり浸かるようになったきっかけは京アニ版AIR。観終わった後に色々作品の裏話とか
調べるのは誰でも経験あると思いますが、自分はその中でPS2移植時のボイス録り直しのエピソードを知り、キャラへの想いとか仕事のプロっぷりとか、色々含めて「凄いなぁ」と感じました。
その後Kanonで佐祐理さんを知り、リアルで追えた京アニ版CLANNADでは幻想世界の少女と言う重要な役を務め、鍵三作には欠かせない声優だったと言っても過言ではないだろう。

Gジェネレーションのオリジナルキャラにレイチェルと言うキャラが居て、スピリッツからレイチェル役を担当するようになりました。
オリジナルでは1、2を争うほど好きなキャラで、レギュラーメンバーで毎回育てまくってます。そんなキャラに声が当てているウォーズ、ワールドでは引き続き担当していたので、もうこの2作は手放せなくなってしまった。

病気で療養中と言う話も知っていました。レギュラーの冬樹役交代は病気では仕方ないだろうと思いつつも、アフターでも少女役を続けたり、ちょくちょく他作品でも出演したと言う話を聞いていたので
「全快ではないけど重病ではない」と捉えていた。だから今日この報せを聞いた時は本当に信じられなかった。

上記の役だけでなく、TOD2のナナリーやDTBのアンバー、ARIAのアテナなど耳にする機会が多い人だっただけに、もう二度と聞けないのが残念でなりません。
闘病生活お疲れさまでした。今はゆっくりと休んでください。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。