2010/09/28

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 視聴完了!

先日の土日でガンダム00劇場版を見てきました!
ネタバレ有りの感想なので未見の方はスルー推奨…

TVシリーズからスペシャルエディションまで見てきた00ですが、とうとう完結。

■ガンダム00の完結編

思えば2期最終回の感想時に
>何だ、木星トカゲでも攻めてくるのか?w

と書いているわけですが、トカゲではないにせよまさか本当に人間ではない、金属生命体が襲ってくるとは…
前情報は極力入れないようにしていたのですが、流石に敵勢力の情報はどうしても入ってきてしまい宇宙人と聞いた時は驚きました。

そういう異質な物を相手にする以上、「アクションパニック」というジャンルに分類されるのも納得であり旧来のガンダム映画とは一味違います。
劇場版なだけあってよく動くMSや人間の動き等は期待通りの物がありましたし、2期終盤から薄れていた緊張感も出していてその点は良かったかと思います。

「対話」がテーマとなりましたが、例え金属生命体であろうとも「対話」の道を選ぶ展開は1期からずっと見ている者であれば納得のいく展開。
刹那とマリナの関係と共に進んでいたとも感じる「対話」のテーマも一つの決着がつき、「神に絶望した少年が、神になろうとし、人類を救う」という刹那の人生に答えを出し、「ガンダム00完結」としては良い終わり方だったとは思います。

■扱い、魅せ方

一方で、その過程におけるキャラの扱い、見せ方は不満が残る物で…アンドレイに戦場以外の出番を与えてあげれば散り際ももっと映えたと思うし、
デカルトもラスボス臭を漂わせてると思ったら意外にも途中で取り込まれて終わり…ELSが取り込む事で学習し利用し始めるなら、取り込んだ人間を利用するくらいやっても良かったのに。
現に原型リボンズ?がそうだったんだし。デカルトを母性の中心内でラスボスとして刹那と戦わせるくらいの魅せ方はできなかったのだろうか。
ダブルオークアンタだって守り一方で戦闘シーンと呼んでいい物はほとんど無く、クアンタがそういう戦闘用に見せるMSではないにしても、
あれだけ予告映像でファンネルみたいなものを飛ばしていたんだから、少しくらいはそういう描写をしてほしかった。

デカルトの扱いはスローネやリジェネに通じる物があり、シリーズ通しての悪さが劇場版にも出ちゃったかなーって感じですね。

そしてヒロイン昇格のフェルト…2期終盤の突然の刹フェルフラグは、劇場版への布石だったのね。異常なまでに可愛さがプッシュされてたw
電池脱却のアレルヤさんも大活躍、フラッグがよく似合うグラハムも最後は死んだような演出だったけど、正直死んでるとも思えないんだよな…w
刹那のELSとの融合がとやかく言われているけど、2期で「人類の革新はイノベイターとなる事」という答えを示した以上、既にイノベイターと化した刹那が融合の道を選んだ事は自然な流れであり自分は納得しています。

■タブー視されてたジャンルに挑む事によって…ガンダムの未来

「ガンダム00としての完結編映画」としては一応満足してるし良かったと思うけど、「ガンダム映画」として否定的な意見が出るのも正直理解できるのであって…
Gガンダム放送時にもしネットがあったらこんな感じだったのだろうか。しかしGガンのようなジャンルが多少変わったものとなっても、
結局デビルガンダム細胞や∀の月光蝶を使うのは人間であって人間vs人間の構図は変わらなかったガンダム作品が、とうとうこの映画によって人間以外の生命体を出した事はタブーを破ったと言っても過言ではない。
無論それが駄目だと言うつもりはない。ここで否定して「富野ガンダムこそガンダム!」と言っても、それこそまさに変化を嫌う人間は御大が嫌うような物でないか。
これを受け入れてから好き嫌いを言うのは個人の嗜好の違いとなるが、受け入れられないようであればそもそも00に合ってなかったとしか言いようが無い。

ただ正直言うと、自分も逆襲のシャアやF91のような、人間関係や葛藤が押し出されていた富野ガンダムのような作品は見たかった。
そしてガンダムで「アクションパニック」のジャンルに挑んだ事が、ガンダムとしてのネタ切れの未来を見たようで、見終わった後はこの事にショックだった。
それでもシリーズの人気が終わる事は当分ない。今や「ガンダム」という一つのジャンルは、「ガンダムと言う名で何かをやる」という局面まで来ているのではないか。
本当に田植えガンダムが必要な時代が来るのかもしれない…

■00終了。次のガンダムは…?

あまり深く考えずに見に行ったもんだから、終わった後に考えるコトだらけ+帰って来てから暇無しでまとめるに時間がかかった…
2007年から始まった3年近くの「ガンダム00」は、この映画で終わりなのである。この映画が示した題材と、そして次にあるであろうガンダムはどうなるのか…?
今現在OVA発売中の「ガンダムUC」や、富野新作の「リング・オブ・ガンダム」もある。「リング~」がどうなるかわからないが、
もしこれがTVシリーズで無いとすれば(そんな気がする)次のTVシリーズはいったいどうなるのだろう?恐らく日5枠にあるであろう新作ガンダム。
劇場版種のゴタゴタを背景に、期待と不安を持って迎えられたガンダム00。しかし今劇場版種は頓挫し、00も終了した今、真っ白なキャンバス状態である。
このキャンバスにどんなガンダムが描かれるのだろうか…その時を、また楽しみと不安で待つしかないのである。

劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック
サントラ THE BACK HORN

flying DOG 2010-09-22
売り上げランキング : 212
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます