--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/28

Angel Beats! 第13話 「Graduation」

AB13.jpg


何かと話題を掻っ攫い、春アニメでは注目度No.1だったこのABもとうとう最終回。最後の最後まで議論のネタが尽きることなく終わってしまいました。

乱雑な文章注意!



こんなラストは、実に見慣れた鍵と言うかだーまえらしい〆でその点においては満足できたのですが、人によってはBADエンドと取れるような節があるようで。
ゲームならプレイヤー、アニメなら視聴者となる「受け手側」が考えるハッピーエンドと、「作者」である麻枝准の考えるハッピーエンドはどうにもズレがあると感じます。
だーまえがハッピーと考えた事でもBADに映るのは、特にAIRや智アフが顕著でしょう。自分はあの二つほどBADと捉えられる要素はABのラストには感じませんでしたが、言われれば何となくわかる。

結局、ABのラストもこれまでのだーまえ作品と伝えたい事は何ら変わってない気がします。というか特に智代アフター。
「生きる事は、素晴らしいんだって。」という奏の別れ前の台詞は、智代アフターという作品のメッセージと通ずる面があると思います。
別れがあっても、それ以上に生きる事が素晴らしい。It's wonderful Life!みたいな…別れと生きるという手法から来るメッセージは、AIRの頃でも同じと感じます。

そんな風に最初に考えたため、音無の一連の行動の是非については放送終了後にようやく意識しました。確かに邪魔者取っ払って奏と二人っきりという欲に負けたのは主人公らしくないかも。
それも人間らしいと言えばそれまでだけど、少なくともその選択肢は奏によって否定され、言わば「選ばれなかったルート」を批判してもどうしようもないわけであって…
結局その批判はラストの奏の決断を、ありがとうと言うルートを肯定しているのであって、展開の肯定に繋がっちゃっている事を意識しないといけません。

しかしいくらKey作品が好きとは言え、何でもかんでも満足したわけではないです。尺が足りないに尽きちゃうけど、粗が目立つ展開とかキャラの行動原理とか、不満な点は色々ある。
楽しんで見れたのは事実だけど、期待値通りかと考えると正直そこまでは行ってないです。これでKeyやらだーまえやらを見限るとか、そういうことはもちろんないですがw
今後同じような企画があるとは思えない(だーまえの体力的にも)ですが、何にせよ今後の動向に注目しつつ、ABという作品はひとまず終わり…

~ここからは凄い個人的な乱文。1話の時に「本当に比較すべきはsola」と書きました。

solaの時は久弥直樹原案に数話の脚本、そこをアニメ畑の花田大先生がフォローするという形となっていました。
(今でこそけいおんで評判のいい花田十輝だけど、けいおん以前は糞脚本の代名詞と言っても過言ではないほど悪評ではありましたが…)
solaは独特の空気感を持ち、毎週視聴者を飽きさせない展開でオリジナルアニメとしてもまとまりの良く、地味ではあるものの堅い作品であり、賛否両論のラストを迎えました。
宣伝面はABには程遠く、07年春アニメ内でもマイナーな部類でしたが、それでもDVD単巻5000~6000は売ったと記憶しています。

一方麻枝が自由に書きまくり、ビビッドな作品となったAngel Beats!。毎週飽きさせない点では同一でも、突っ走った脚本に対する様々な発見点なんかはとても刺激が多い展開。そしてこちらも賛否両論のラストへ。
宣伝面は過剰と言ってもよいほどで、まだ具体的な枚数はわからないけど、おそらく万超えの大成功の部類に入ると予想されています。

対照的な作品の裏に、対照的な脚本家がいて、この脚本二人もお互いを求め続けている、Kanon以降の久弥とだーまえを見ているような気がします。
solaもAIRを意識している点が感じられ、放送当時はよく「久弥版AIR」なんて言われたり、一方でだーまえ自身は久弥に影響された事は何度もインタビューで語っていたり、そして自身もオリジナルアニメの脚本をするようになって…

かつてONE、Kanonで一世を風靡した二人の脚本家によるアニメが楽しめること自体鍵っ子にとって幸福だと思います。
単にオリジナルアニメとしてだけでなく、二人の脚本家の存在を知っていたからこその楽しみ方があり、そういう面で見ていたのは個人的には大きかったです。
どちらも作風が顕著に現れていて、そういった意味ではこの比較は凄く面白かった。

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

アニプレックス 2010-07-21
売り上げランキング : 12
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。