--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/11

今期終了アニメ(6月終了アニメ)の評価をしてみないかい?5

今回も遅れてしまいましたが「ゲームやアニメについてほそぼそと語る人」さんの企画に参加。

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。


5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

■宇宙をかける少女

・ストーリー…1
前半伏線を張りながら期待を持たせる展開ながら、中盤から伏線を消化できず何をしたいのかわからないままスッキリしないラストを迎えてしまった。
最近のサンライズ作品はこの傾向が多い気がする…もっとしっかりしてほしい。

・キャラクター性…2
ブレインコロニー達は良いキャラしてたけど、獅子堂家の面子の印象が悪すぎる。ストーリーにも言えることだけど秋葉の「変わらない」=「成長しない」が作品に対する不満であり、何がしたかったのか分からない点であり、キャラの描き方としてどうだったんだろう。
そしてナミカワイソス…つつじとベンケイだけは最後まで光ってましたね。

・画…4
唯一と言っていいほどの良かった点。絵の綺麗さと安定感は良かった。

・演出…3
可もなく不可もなく…

・音楽…3
OP、EDはどれも悪くは無かったと思うけどアリプロのだけは明らかに浮いてましたね。懐かしいw
espacioは名曲。

・総合的な評価…1
もう前半風呂敷広げすぎて後半消化できなくなるのやめようぜ…ストーリーとキャラで大きく評価を下げた作品でした。よく最後まで見続けたなと…w
花田大先生ってもしかして居た方が良かったのか…?

総合点…14


■夏のあらし!

・ストーリー…4
現代と過去をタイムスリップしながら様々なストーリーが展開され楽しかったです。ギャグだけでなくシリアスなストーリーも印象深い。

・キャラクター性…4
現代人と幽霊という設定に支えられながら、どのキャラも魅力的に描かれていた。

・画…3
良い時も悪い時もどっちもあった。

・演出…5
シャフトの演出が上手く作品の雰囲気作りを手伝ったと思います。特に6話における演出は思い出深い人も多いのではないかと。
高山カツヒコ恒例の実写ネタも今回は結構多めに使用されてたのがうれしい。

・音楽…3
OPとEDは実は結構作品の内容に沿ってたりする。

・総合的な評価…4
前期の中では個人的にNo.1。ストーリーが良かったです。人気は無かったけど充分人に勧められる作品でした。
2期も期待!

総合点…23


■けいおん!

・ストーリー…3
楽しい内容だったけど、ただそれだけ。

・キャラクター性…4
キャラ重視のアニメではあったけど、確かにそこが胆だったから丁寧にかつ重心的にキャラの描き方には力入っていたと思う。
しかし世間で騒ぐほど自分はあのキャラ達に惹かれなかったです。

・画…4
流石ここら辺は京アニと言うべきか…?

・演出…4
こちらも流石というべきか…最終回は特に良かったですね。1話との対比になってる部分とか。

・音楽…4
OP、ED、挿入歌どれも売れたのは単に作品の人気だけでは無いと思う。

・総合的な評価…3
世間の評判ほど作品に熱中することは無かったです。京アニというネームバリューが無ければどの程度で終わってたんだろう。

総合点…22


■東のエデン

・ストーリー…4
たくさんの伏線を考察する楽しさが良かった。その伏線や設定もジョニー狩りやニート大失踪等独特なものばかりで楽しかった。
続きを劇場版に丸投げしたのが残念でならない。はたしてどんなラストになるのやら…

・キャラクター性…4
とても個性的かつ魅力的なキャラが揃ったと感じました。

・画…4
安定し悪くなかった。

・演出…4
派手な演出があった訳ではないけど、どれも丁寧に描かれてたと思います。

・音楽…4
OPとEDがまず作品の雰囲気に合っていてとても良い。最終回で流れた「Reveal the world」もラストの雰囲気を飾る良い挿入歌だった。

・総合的な評価…4
あれ、総合点で夏のあらしを上回ってしまった…w 最近の作品として珍しく原作無しオリジナルアニメということで期待が大きい作品でしたが、十分期待に応えたんじゃないかと。
あとは劇場版でどうなるかですね。

総合点…24


ベストキャラクター賞…なし
前期は本数の少なさもあるけど特に気に入ったキャラが…

ベストOP賞…なし
前期は本数の(ry 気に入ってるものは全部引き継ぎだから選べないのが悔しい。しかも今期のと合わせると選ぶのにまた悩むことになりそうだw

ベストED賞…espacio(宇宙をかける少女)
Ceuiは個人的に凄い好きなアニソン歌手なのでもっと陽の目を浴びてほしい。espacioも非常に良い曲です。サビがお気に入り。

ベスト声優賞・男性…福山潤(宇宙をかける少女・レオパルド)
ていうか良い評価をしてない作品から二つの部門の占めるってどうなのよw
同時期に始まった「アキカン!」といい最近の福山潤はこういう役もありなんだぁと感じましたw

ベスト声優賞・女性…早見沙織(東のエデン・森美咲)
咲の魅力を十二分に引き出したと思います。デビュー当時から知ってるけど凄く上手くなったよなぁ。


前期はちょっと本数少なかったですね。見てる作品のほとんどが2クールものだったりで4つしか評価対象にならず。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。