--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/04/29

機動戦士Vガンダムを見た

もう日が変わる頃ですが、ようやくVガンを見終えました。1話を見たのが2006年。3年もかかってしまいましたw

黒富野の作品としてほぼ確実に挙げられ、凄惨なガンダムというのは聞いていましたが終わってみれば凄惨を通り越して酷い。
前半からどんどんキャラが死んでいって段々慣れてしまうんですよね。中盤以降少し治まったかと思いきや
最終決戦あたりでまた…とにかく死にまくり。少しはVガンの爪の垢を00に飲んでもらいたいくらいでしたw
ストーリー自体はドラマ性が高く、内容的に楽しんで見るのは難しかったですが面白かったと思います。名場面は多すぎて挙げられないガンダムでした。

それにしてもシャクティの厄病神っぷりが凄まじい。後半は「ちょwお前動いたらあかんww」と思う展開がしばしば。
シャクティが動く事で犠牲者が多数出るという恐ろしい展開が続いた。シャクティをどこかに閉じ込めておけばあんな結末は迎えなかったんじゃないだろうか…
特にキスハールとカリンガのエピソードである44話はその象徴ですね。

印象に残ったストーリーはやっぱり「これ、母さんです…」もそうだけど、その前の35話「母かシャクティか」が個人的にとても強烈。
13歳の少年にあんな選択させるなよ…そのうえで母さんはあんな最期を迎えてしまうし、富野マジ鬼畜。
そしてカテ公はガンダム史上最悪の女キャラ…と言いたいんだけどラストを見ちゃうとそこまで強く言えないんだよなぁ。
あとは序盤でケイトがマスドライバーを支えて死ぬエピソード。あれも印象深かった。

これで宇宙世紀シリーズは制覇。イグルーが残ってるけど気にしないw 残るはWと∀。順番的にW…これも見始めてもう5年になるんだが頑張って見よう。

コメント

非公開コメント

Vとその影響

 こんにちはVガンダムか懐かしいですね。このVガンダムをベースにエヴァンゲリオンが作られたことでその後の形がありますからね。「カテジナ日記」というサイトが面白いですよ。あの時代にVとエヴァが作られた理由となんであれほど強烈な物語になったのかわかります

調べて少し読んで見ましたがとても興味深い内容でした。
カテジナ日記だけじゃなく、他のコンテンツも充実していて良い感じですね。
これは良いサイトを教えてもらいました。ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。