2009/03/15

WHITE ALBUM 第十一頁 「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」

wa11.jpg



いよいよもってドロドロにw

動員値勝負。小さい会場を満員にするよりも大きな会場を89%動員することで桜団の勝利となってしまう。
アリーナを取れなかったことが影響したのか、理奈はどうも不調。だが原因はそれじゃないくて別にあるんだろう…

由綺からの手紙、間違って破った事は言えないだろう。もともと渡すつもりじゃなかったんだろうか。
手紙の内容が分からないままだから何を伝えようとしていたのか気になる。しかしそのせいですれ違いが加速してゆく。

マナとはるかがとても仲良しに。そしてだんだん彰の態度が鼻につくようになってきたぞこの野郎。
んでもって何か冬弥と弥生さんの仲が前より良くなってる感じなのが酷い。最後には約束してるの打ち明けて…

弥生さんの話解決して1クール目終わりかな?


WHITE ALBUM キャラクターソング(2)WHITE ALBUM キャラクターソング(2)
緒方理奈(水樹奈々)

KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M) 2009-04-08
売り上げランキング : 238
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

非公開コメント

トラックバック

WHITE ALBUM 第11話 「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」

動員値によって優劣を競う・・・ 桜団との勝負のルール。 コメントで頂いたとおりでしたw

WHITE ALBUM #11 胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで

コンサートを目前に控え揺れ動く歌姫たち。 何故か調子を崩す理奈の心中は?

WHITE ALBUM 第11話

すれ違いまくり(^^; 冬弥は理奈の雑用係を受けたけど。 理奈のコンサートの練習を見ても思うのは由綺のことだけ。 由綺は冬弥に手紙が...

WHITE ALBUM 第十一頁

[関連リンク]http://www.whitealbum-tv.com/第十一頁 胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで観客動員値…会場の差はあれど理奈が提案したアリーナのチケ...

WHITE ALBUM 第十一頁「胸につかえていることを、時は解決して...

WHITEALBUMの第11話を見ました。WHITEALBUM DVDvol.1WHITEALBUM BDvol.1第十一頁 胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで英二から桜団の事務所と動員値で競っていることを聞いた理奈や由綺。「それはそうと理奈、今日は青年は必要な...

WHITE ALBUM 第十一頁「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」

 ねじれにねじれる人間関係  作中の登場人物が、それぞれ本音と建前を織り交ぜてくるために、  もはや複雑というレベルでないほどに人...

WHITE ALBUM 第十一頁「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」の感想

 いくら他の女の人と一緒にいても、由綺と会えないさびしさは募るばかり。そのさびしさを埋めるかのように弥生さんとの関係を断ち切れずに...

WHITE ALBUM 第11話「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」

桜団・理奈・由綺の歌の決戦まで残り僅か。 今回は弥生さんのターンです。

WHITE ALBUM 第11話

第11話 「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」 重症だよ(byマナ) いえ、末期です(;^_^A もうドロンドロンで収拾つかなくなってきましたね。 冬弥と弥生はほんと何考えてんだか… 由綺が不憫すぎて泣けてくる… 冬...

WHITE ALBUM 第11話 「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」

弥生さんが~(*ノωノ) れろんですよ!れろん! えろ担当の弥生さんなんですが、意外とドジッ子なんです。 間違えて由綺の手紙を捨てち...

WHITE ALBUM 第11話

「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」 を観ました。 泣いてる冬弥を慰めた弥生さんでした。

WHITE ALBUM 第十一頁「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」 感想。

ぬぅ……冬弥め

WHITE ALBUM 第11頁 「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼\\るだけで」

冬弥と篠塚弥生が、約束していることを知り唖然とする緒方理奈。これで、彼女は踏ん切りをつけて冬弥のことを諦めるか。