アニメ感想などなど書いちゃってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更AIRの考察とかは語るまでもないので書きませんが、やっぱりAIR編は悲しいなぁ。
京アニ版だけだと佳乃と美凪のシナリオは簡略化されてたので、原作やると大分ボリュームあって驚き。
ヒロインが3人だけだとそれだけ厚みが増している感じもしました。美凪ルートは特にやって良かったと思う。ていうか佳乃ルートで普通にセクロス寸前まで行って吹いたw 
SUMMERも京アニは本編で2話+特別編2話の形式で、その上特別編の出来事も本編中のそれぞれバラバラにイベントが入ってる感じで、ゲームだと一本道で全部繋がるのでようやくスッキリした。

で、劇場版。CLANNADのは出来が良く感じたのでもしかしたら…と思ったけどAIRはちょっと駄目だww
演出云々はCLANNADで慣れたから大丈夫だろうと思ってたけど、AIRに出崎演出は合わないなぁ。
ゴールのシーンの晴子が叫びながら背景カミナリどかーん!はちょっとww

キャラ改変もAIRではあった…柳也と神奈が物凄く上品なキャラになってるのは観鈴から見た伝記上の二人だと思えば納得できる。
が、その観鈴が「好きになってもいいのだよ!」とかわけわからん言葉遣いすると笑わざるを得ないwやたら国崎最高に積極的だし…うーん…

まぁ神奈の行動が観鈴にダブったり、一応晴子との家族愛も描いてる点ではAIRの要素はちゃんとある。
でも家族愛がメインに出してる印象を受けず、観鈴と過去に起こったの恋愛劇がメインに出てしまってる感じがあります。
そらも劇場版だとよく分からない存在だし、観鈴が苦しみを受ける理由や頑張って過ごした夏休みもあまり描かれてないし、
やっぱりこれが無いと「AIRじゃない!」って人の気持ちも分かるなぁ…そのせいで劇場版CLANNADまで低評価になるのは残念だけど。

さて、今月末京アニ版ブルーレイが再販されます。もちろん予約済み。アマゾンだと初回版よりちょっと高いくらいで済むから助かります。
しかし何で京アニ版だけ国崎は小野Dなんだろうな…何でグリリバじゃないんだろう。


AIR Blu-Ray Disc Box (Newパッケージ)AIR Blu-Ray Disc Box (Newパッケージ)
小野大輔, 川上とも子, 岡本麻見, 柚木涼香, 石原立也

ポニーキャニオン 2008-11-28
売り上げランキング : 207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。