2008/06/20

紅 第12話 「われ存在り」

kure12-01.jpg



まさかの最終回。もう一話くらいあると思ってた。

九鳳院家突入するも、流石に相手が悪かったか一時撤退する紅花一同。しかし、持ってきた写真を見て単身再び突入する真九朗。
一方紅花&弥生もリンとのカーチェイスになり、再び戦いが始まる。
とりあえず弥生さんが生きてて良かった。前回でほんとに死んだかと思ったよ…(´д`)
しかし今度は負けない弥生さんと真九朗。まさかここで崩月流を使うとは…というかあれ伏線だったんだな。紅花を動きは読んでも崩月流は知らなかったわけだ。
あの特訓が生きたのか…前回の真九朗の「当たった…!」もこれの伏線だったのかな?


奥の院に入り、紫父と対峙する真九朗。あくまで紫の意思を尊重しようとし、紫が選んだのは「奥の院から出て、九鳳院と戦う」ことだった。

これは予想外。てっきり五月雨荘に戻るもんだと思ってたよ。双樹のようになってしまうのは蓮丈も嫌だったんだろう。


武器の腕に埋めた真九朗と、九鳳院と戦うことを決意した紫。真九朗が先に進んでると思っていたけど、実は二人は同じ位置に立っていた…
ていうか弥生さんといい刺された紅花といい皆タフネス揃いでワロタww

そうして「じゃ、またな」ということで別れる二人。2期あるもんだと思ったけど、これはやらない方がいいwww



あぁ、終わってしまった。

今期アニメの中ではかなり面白かったです。綺麗にまとまって終わったし、とても満足。
何が面白かったと言えば、やっぱり会話じゃないですかね。会話の内容や声優さんたちの熱演がこのアニメの売りなんじゃないかと思います。キャラも個性派揃いで見ていて飽きなかったし。
全体的に丁寧な印象で作られている感じがして、その点も良かったと思う。これはオススメできるアニメだと思いますよ。

スタッフの皆様、お疲れ様でした!


紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)
山本 ヤマト 降矢 大輔

集英社 2008-06-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

非公開コメント

紅まさかの録画しっぱい\(^0^)/

こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

今回、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてください。


今期放送中の幾つかのアニメが最終回を迎えますが、それらの作品に限りブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51042191.html


宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

>はやぶささん
ちょwww最終回なのに何てことをwww

>ピッコロさん
どうも、いつもお世話になっております。
お誘いどうもありがとうございます。今季終了アニメで見続けたのは紅とダカーポだけなんですが、大丈夫でしょうかね?
とりあえず来週ダカーポが終わったら記事作成に取り掛かろうと思うので、よろしくお願いします。

トラックバック

「われ存在り」 紅 kure-nai 第12話

紅 kure-nai 第12話(最終話)「われ存在り」 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主...

紅・第12話

「われ存在り」 紫を連れ出すため、一人で奥の院へと向かう真九郎。彼を追う紅香と弥生。そして、真九郎の前に、蓮丈が現れる… 「こんな...

紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」

ふたたび奥の院に戻った真九郎は蓮丈と対峙。 紫を自由にしてやれと言い放つ。 真九郎の意思に、紫が選んだ決断は――。 今期の中でも高評...

「紅kure-nai」第12話(終)

第十二話「われ存在り」(終)奥之院から退散しかけた真九郎だったが、やはり紫を連れて帰ることをあきらめきれず、単身奥之院へ戻った。圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合...

紅 kure-nai 第12話「われ存在り」

真に強きもの。

【最終話】紅 kure-nai 第12話「われ存在り」

今期開始アニメ、では文句なしにトップを独走していたこのアニメも最終話。終わってみれば・・・・・・良いアニメでした。良いアニメでしたが、今回の最終話はもっとはるかに素晴らしい内容を期待していたわけで、肝心の締めが、精密さに欠ける突っ込みどころの多いアバウ...

紅 第12話「われ存在り」

プレスコの力を過信しすぎたのか、キャラの口が滑りまくり、語る語る。 ここまで盛り上げておいて、最後は禅問答で煙に巻いてしまうのはどうでしょうか。 九鳳院の中でも立ち位置の微妙な蓮丈一人が気を吐いた所でどうなるか。 ほとぼりが冷めたら竜士とご隠居(だよね..

紅 KURENAI 第12話「われ存在り」 最終回

とうとう最後ですねー、ここまでの流れはかなりテンポがいいので期待した最終回となりました。あれ、弥生さん復活してる(;・∀・)前回の話で車まで紅香さんに引っ張ってもらうほどボロボロだったのに、今週はピンピンしてますなぁ、仙豆でも食べたんでしょうかw崩月流最...

紅 kure-nai 第12話 (最終話) 「われ存在り」

本音を言えば普通に紫と暮らすエンドが良かったんですけどw 言わんとしてることはわかる(つもりではいる)が、納得はできんわ カタルシスの...

「紅 kure-nai」12話 われ存在り

結局成長物語だったんだなぁという印象。 真九郎が紅香をも押さえれるほど力をつけてた竜士を倒し、 弥生は紅香と同じといわれた状態では負...

紅 第十二話(最終回)「われ存在り」 感想。

最終回スペシャルでお送りします。 ※ネタバレ注意

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」

紅 1 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独で再度屋敷...

紅kure-nai 第11話 「われ存在り」【最終回】

見ていた作品の中でトップで終わりを告げたのは紅でしたか。 いわゆるハッピーエンドでは無かったけれど、 個人的には未来に期待が持てる、想像の余地のある終わり方で 結構気に入っております。

ロリータは世界を救う。「紅(くれない)」

何がどうなって何の解決があったのだろう?最終話を見ただけでは理解できない視聴者はいませんでしたか? 子供子供していた紫ちゃんが急...