2014/11/10

天体のメソッド 第06話 「本当の友達」

20141110223655_R.jpg


閑話休題仲良く温泉回。やっぱりこういうキャラを引き立たせる日常回を書かせたら流石久弥脚本としか言いようがない(信者並感
季節は秋へと移り、柚季の贖罪のためこはると協力し乃々香と温泉へ。全力で殴ってくれと言う柚季に対し、乃々香はやんわりタッチ。
「全力で叩いたら不公平だから」と柚季に対するフォローが素晴らしすぎる…自分は別に全力で叩かれちゃいないと!そんなフォローが出来ますか!
前回までの騒動と言い、2度もビンタされても挫けずプランを実行してこの器のデカさ、乃々香は強すぎですねぇ…

前回までの暴れっぷりはどこへやら、すっかり仲直りした柚季含め3人は一気に仲良く…というより昔に戻ったか。湊太とも仲直りして兄妹らしい喧嘩も出来るように…
というか、それすら出来なかった前回までがよっぽど深刻な状況だったんですねぇ。特に湊太の方が楽になったのか何でも言える感じになってたけど、前回まで冷静そうに振る舞ざるを得なかったのはそれだけ兄妹の傷が深かったってことなんだろう。
ていうか、せっかく兄妹間の仲は解決したのに恋路の方はてんでダメな湊太くんホント可哀想。こはるから天然腹黒の匂いが…

汐音&ノエルもすれ違いながら同日温泉旅行。汐音もノエルの前なら普通に笑えるんだな…ノエルを誘う辺りもかなり意外な感じはするけど。ギクシャクした幼馴染達よりはまだ気楽に接することが出来るんだろう。
友達なんかいらない言うけど、結局ノエルの円盤クッションもらっちゃってるし…きっとこっちもきっかけ次第では元の5人に戻れそうだけど。

話数的にも展開的にも約半分、箸休め的なストーリーを今回持ってこれた訳だけど、これぞまさに久弥直樹の日常描写!
舞台の霧夜湖町の雰囲気作り、キャラを引き立てさせ(前回までのギャップもあっての)和むストーリーはONE、Kanon、solaで惹きつけた彼の魅力が全く衰えてない事を証明してくれた6話だった。
箸休めの反面、柚季へのフォローもしっかりしているし、橋のシーンは至高でありsola4話を思い出させるような友情回でもあって、本当なんか見ていてよかったと思えるようなお話でした。
日常描写は例によって丁寧に描かれて、放送前から楽しみだった6話は放送後テンション振り切り状態となってどうにもならん!
相変わらずノエルは可愛いけど、ここまで6話のED前は絶対にノエルが一言言って終わるのがパターン化している。恐らく意図してやっているんだろうけど、最終回までの演出作りなんかじゃないかと思うとやっぱりこの後が怖いなぁ。
もうずっと皆で仲良く日常回やってればいいんじゃないかな?(震え声

ここまで続いてきた騒動も一段落して、次回から再び動きがありそう。乃々香の記憶、母について、約束…「私のなくしたもの」とはいったい?

汐音のヘッドホンのモデルとなったもののようです。
【国内正規品】 AKG 密閉型ヘッドホン ブラック K545BLK
【国内正規品】 AKG 密閉型ヘッドホン ブラック K545BLK

コメント

非公開コメント