アニメ感想などなど書いちゃってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーヒルの敵はありながらも戦力的な面でベルリの力に頼らざるを得ない状況の海賊と、戻る意思はありながら借りを返す意思にも挟まれながらのベルリ一行。
ベルリとクリム・ニックのずる賢さを出しながらの小気味よい会話や、ラライヤとのコミカルなやり取り。
恒例仮面キャラ・マスクの登場でクリムとの互角な戦い、コアファイター状態からの機転やGセルフ合体、サーベル回転等富野ガンダムのあらゆる要素が詰まったかのような第5話という印象だった。

クリムは最初はよくいる高飛車残念キャラかと思ってたのに、戦い始めるとモンテーロもあってカッコいいんだよなぁ。
ていうか高飛車な割にはラライヤには優しいし、ベルリの力を認めてるところもあるし、それでもベルリが中尉を欲しがったら自分は大尉になろうとする辺りが本当に良いキャラしてる。
そして登場のマスクさん。ハリーみたいなグラサンっぽく見えるけどマスクとはいったい…
ベルリは先週の謎パワーといい、シーブックのようなサーベル回転の発想からウッソのようなサーベル伸ばし等ポテンシャルがめちゃめちゃ高い!
しかしそんなポテンシャルの高さでもどうやら次回のデレンセン教官との戦いは怪しい雰囲気が…?

HG 1/144 ガンダム G-アルケイン (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 ガンダム G-アルケイン (ガンダムGのレコンギスタ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。