アニメ感想などなど書いちゃってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年、とうとう富野由悠季による新作ガンダムが放送開始ということで期待が高まらないわけがないGレコ。
地方組なのでBS-TBS頼みで関西関東から遅れてネタバレ避けるのが大変な所である…深夜帯ガンダムってのも初の試みで、今後も深夜ガンダムがあるとこういうことになるのかなぁ。

富野節バリバリの台詞回し、最近では見られない演出方法あたりは作りたいもの作ってるなぁという印象を受ける。
作画的な綺麗さは現代アニメのそれでありながら、往年の富野作品と変わらないそれらの要素が組み合わさって凄い新鮮に映って見えますね。
ブレンパワード以降の白富野が好きな人はそのまんま何の抵抗も無く見れる作品となりそう。もちろん自分もその1人である。

ガンダム的な側面では、ベルリはマイナス思考に偏りがちなUC主人公たちと打って変わって元気な主人公。
一方で天才肌だったりアイーダに一目ぼれするあたりは「らしさ」が出ており、台詞回しも相まってアムロやカミーユを彷彿とさせる面も見ることが出来た。
一方でGセルフは21世紀ガンダム流行のバックパック換装型ガンダム。特に大気圏パックはストライクやインパルスそのものって感じで、このタイプのが富野ガンダムに出てくるのも凄く新鮮。
こうしてみると後のAGEも含め、唯一と言っていいほど換装無しのエクシアという存在は凄い珍しかったんだなぁ。

ザクドムリックディアスがちょろっと出てきてファンサービスもしつつ、初出撃からの撃墜という流れで1-2話が終わる。
宇宙世紀の後、正暦の前というリギルド・センチュリーは果たしてどんな結末へ向かっていくのか…最後まで見届けたい。

HG 1/144 ガンダム G-セルフ (大気圏用パック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)

B00M1APWB4
バンダイ 2014-09-20
売り上げランキング : 76

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。