2015/04/26

オススメ雑記その2:「パルフェ」

パルフェ (初回限定版) (特典 「オリジナルサウンドトラック」「フルリメイクサウンドトラック」 同梱)
パルフェ (初回限定版) (特典 「オリジナルサウンドトラック」「フルリメイクサウンドトラック」 同梱)

月刊丸戸感想記と化してしまった今年のブログ記事…
そんなこんなで2月発売ゲームの個人的大本命だったVita版「パルフェ」。3月上旬にはプラチナ済みだったものの書くタイミングをズルズル逃してたら4月になってしまう体たらく。

2005年と言うエロゲ全盛期の中で名作の一つとしてよく挙げられる本作が、とうとうVitaに移植されてプレイできる機会が出来たことがまず何より嬉しくて。
当時の作品をプレイしないまま過ごしてきた身としてはこうやってどんどん移植してほしいものだけど…
何はともあれWA2、冴えカノと来てパルフェをプレイしない理由は全くなく、プラチナ取得までしてなるほどと思うしかないシナリオの構成に脱帽。
絶対に最後にやれと言われる里伽子ルートでのどんでん返しは、それまでのクリアしてきたルートでの罪悪感すらプレイヤーに産ませるほどと感じた。

作品全体に流れる優しい雰囲気からの魅力的なキャラ達。明日香ちゃんやかすりさんはサブ時に輝き、玲愛のパーフェクトツンデレに悶え、由飛ルートでも感動して…
WA2、冴えカノしか知らないにわかとしては、ここに丸戸作品の源流が詰まっているんだなぁと感じた。こうなると、他の作品もやってみたくなるねぇ…
ショコラ、フォセット、こんにゃくあたりTGLは移植してくれませんかね?(懇願)

しかし、噂に聞いていたとはいえだいだいの移植の酷さ…シナリオは極上ながら、システム面はかつてのPSP時代のプロトタイプレベルで酷いw
今時セーブが20しかないとか、使いづらいバックログとか、なんかちょっと変えるだけでも最低限の水準にはなりそうなものが、どうしてそれすら改善する気にならないのやら…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。