2015/01/09

オススメ雑記その1:「冴えない彼女の育てかた」

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)
冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)


富士見ファンタジア文庫より発売されているライトノベル・冴えない彼女の育てかた。
2015年1月現在本編7巻+短編1巻が発売されており、漫画が3シリーズ刊行中、今期からはアニメも開始するという非常に熱の高いシリーズ。
エロゲーライターである自身の業界ネタを振りまきつつ、全く個性の無いヒロインをゲームでメインヒロインに仕立て上げ、同人ゲームを作っていくストーリー。
メタネタが売りであり、また鼻に着くのも確かではあるが、本筋のストーリーは丸戸の持ち味発揮といったところか。

著者・丸戸文明、イラスト・深崎暮人という強力な布陣は1巻当時からかなり話題になっていたような記憶がある。
アニメ開始にあたって正月休みを使って7巻まで読破、漫画版も全種類電子書籍で購入してみたが、ここ数年読書する集中力を切らした自分が熱中するくらいにはとても面白いラノベ!
ページも全体的に白く、厚さも無いし、台詞中心で進んでいくあたりは非常にラノベっぽいけど、ホワイトアルバム2で丸戸を知った自分には3巻での転機、6・7巻の怒涛の展開はホワルバ2icが終わった時のような、流石の展開で思わず叫んだほど。
特に7巻は…139ページあたりは挿絵も相まってシリーズ屈指の場面となるのは揺るぎないだろう!アニメ版を控えてる今多くは語れないけど、とりあえず自分のようにホワルバ2やったなら読もう!と強く薦めたい作品。

軽く読めるのに完全にペースに引き込まれてる辺りがやられた感が凄い。ホワルバ2はクリアしたとはいえ、まだまだ丸戸シナリオは勉強不足なものだから、2月に発売するVita版パルフェが今はとても楽しみ。
そんな冴えカノアニメ版も当然楽しみだけど、なんと北海道では放送されない悲劇…今時BSもネット配信も無いってたまげたなぁ。
週遅れでもいいからどこかで有料配信してくれませんかね…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。