2014/12/31

2014年ありがとうございました&2015年もよろしくお願いします

20141229020037_R.jpg


私生活からブログのことまでとにかく色々な1年でした。ブログ的には1年放置してたのをまさかの復活を遂げる事ができたのは自分でも驚きです。
この秋クールのアニメが本当に充実していた(と個人的に感じる)おかげで復活できたのが大きいな要因で、それだけ夢中になる作品があったことが嬉しかった。
ここ数年の自分の現行放送作品に対する姿勢があまりにも悪くなっていたところで熱意を取り戻すことができて、このクールは個人的なターニングポイントになりそうです。
特に天体のメソッドは絶対に忘れられない作品となった。11月頭の偶然が重なって出来た天メソ旅行という奇跡の産物は、今年1年の最大の思い出です。

2015年はせっかく復活できたなら、もっと更新していけるよう頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
2014/12/29

天体のメソッド 第13話 「はじまりのそらから」

20141229200401_R.jpg


予想通り見てるこっちがにっこりになれるエンド。前の世界では結局のところ汐音が引っ越したり湊太の留学の話があって結局みんなでにっこりは達成できそうにない世界だけど、
逆に言えば円盤の因果が無いこっちの世界では逆に汐音が北美の高校に進学するっぽいし、喧嘩してない湊太が留学する理由もなく、そこでノエルを呼ぶことが正真正銘の「みんなでにっこり」が出来る世界。
全てが無かったことになる危険性もあったとはいえ、にっこりできる世界はこっちである必要があったということか…

今まで一人で奔走してきた乃々香に加え、汐音も加わってもはや敵なし状態。ホシノカケラの二人鼻唄、乃々香の強メンタルは母由来、やっと2人で座れたベンチ、円盤歓迎、North methodが挿入歌、オムライス…
これまで12話積み上げてきたものをしっかりと消化して爽やかに終わるのは、ビビッドなだーまえに対して久弥直樹らしい終わり方だと思う。
ここまでアニメにのめり込ませてくれた作品は久々だし、サクラカグラ含め躍動の年となった2014年は再び久弥作品が続いていくか、はたまた7年待つことになるか…
心残りがあるとすれば、もっと彼らの日常回を見たかった…それが特典小説とか、「ベツルート」「アケルソラヘ」みたいに追加エピソードがあったらいいなぁ。
毎週日曜深夜が楽しみだったけど、7年待てたとは言え禁断症状が…とりあえずBDやグッズに楽しみを見出そう。

天体のメソッド 1(特装限定版) [Blu-ray]
天体のメソッド 1(特装限定版) [Blu-ray]
2014/12/23

天体のメソッド 第12話 「円盤のない町」

20141222213131_R.jpg


まさかの衝撃的なアバンの入り方で、久々にアニメ見ていて頭をガツーンと殴られたような気分になった…!
円盤のない町という今回のタイトルが示すのは、前話の冬の続きではなく、なんと1話の始まりへと戻った世界。


続きを読む

2014/12/16

天体のメソッド 第11話 「流星群の夜」

20141216191246_R.jpg


分かり切っていた結果が待ち受けていた11話は、音楽から演技、演出に至るまで全てが気合入ってて素晴らしい回だった。
細かな違いはあれど5人の願いは「みんなで仲良く」であって、ノエルの願いを今度は5人が叶える側へ。あれだけ皆の前では笑顔だったノエルもとうとう泣いてしまう展開はベタとは言え来るものがあるなぁ。
メンタル最強だった乃々香も今回ばかりは別れを悲しみ涙するが、冷静に考えれば強かったというより母の病死は泣く事を乃々香に許さない結果となっていたのかもしれない…

作品を構成する要素、演出やストーリーを見ていて、これまでは2014年に蘇った、あるいはセルフパロディであるKanonという印象を作品に持っていた。
しかし決定的にKanonのそれと違うのは、非現実的な存在が重要なアイテムではなく、単なる舞台装置であった点においてはむしろOne的であったと今は思う。
5人はノエルのおかげで昔のように友達に戻れたというけど、ノエル自体は円盤そのものである特殊な存在でありながら特に何もしてない、5人の間を走り回って話し伝えるメッセンジャーでしか無かったというのが面白い。
円盤やノエルは非現実的な要素ではあるものの、ストーリーラインにおいてはその非現実的な要素は重要ではないのがかつての久弥作品とは一線を画す印象を受けた。

結局汐音や湊太が時期に街から出ていくこともあり、一時的な、瞬間的な奇跡でしか無かった訳だけど、それでも永久的にノエルを留まらせることより奇跡を選んだのは、かつての願いが今も生きていて友達でありたい5人の思いの証左。
現代アニメ作品において言えば様々な展開で気を引こうとあの手この手を使っている中で、言ってしまえば「昔の幼馴染達が再会して仲直りする」だけの物語をゆっくり丁寧に描くだけの、地味~なだけの作品が2014年になっても存在するのは本当に珍しいし光るものがあったと思う。
残り2話があるように、別れは通過点でゴールではない。円盤が無くなった街で彼らはどう動いていくのか…
しかし別れがゴールではないという点においては、やっぱりsolaは久弥版AIRだったんだぁと強く再認識。

ソナタとインターリュード
ソナタとインターリュード
2014/12/09

Key&アニプレックスによる新プロジェクト発表会が22日に開催

■『Angel Beats!』新情報も! アニプレックス&Key新プロジェクト発表会が22日に開催

突然公式サイトでカウントダウンが始まったと思ったらいきなり舞い込んできた新プロジェクトのニュース!
ここ最近のKeyの動きが無さすぎて天メソにハイエナのように集ってた身としては劇薬のような一報となりました。

一向にゲーム版の情報がないまま2014年も終わろうとしている中、ここで発表会が行われるとなると当然ゲーム版の情報に期待する一方で、
アニプレックスも関わっている以上ゲームではない、アニメや何らかの媒体での新作が発表されるのもおそらく間違いなさそう。
Rewriteアニメ化ではないかという声もあるけど、少なくともこの場では自分は限りなく低いと思う。発表会サイトにあるキャラシルエットに該当するKeyキャラはRwrite以前に他作品にも存在しないし、
そもそも発表会のゲストに魁が出席する点においてもRewriteに関わってるライターではないので今回はRewriteではない気がする。

魁はゲーム版ABにおいてライターとして参加するのは以前からわかっていたけど、こうやって表舞台に出てくるのは凄い珍しいというか、自分の記憶の中では初めてな気が。
そもそもAB関連ならだーまえが出て然るべきだし、前述のRewriteなら殿なりロミオなり竜騎士なりが出てくるのが自然であって…
アニプレ関連で魁がいるとなると、AB新作アニメとか魁脚本による新作とか…?昨今のエロゲギャルゲライターのアニメ脚本担当ブームを見ると、後者も信じられないけど有り得るレベルではある。
シルエット絵もどちらかというとNa-gaというよりいたる絵っぽい感じがするんだよなぁ…となるとNa-gaのABより、全くの新作の方が可能性高いかも…?

良いところBD-BOXの発売ニュースくらいだろうと思ってたら、まさか次の企画があったなんて正直驚き。
今はとにかく22日を待つしかない…!
2014/12/09

天体のメソッド 第10話 「願いの行方」

20141209221023_R.jpg


お互いの願いと願いの押し付け合いとなったしまった形になり、ノエルをめぐって幼馴染達は乃々香と汐音にとどまらず他3人にまで波紋が広がってしまう…
願いのある場所ならどこにでも行くというノエルだが、乃々香たちだけは特別に見えたようで。恐らく今までもそうして色んな所を巡ってきたんでしょうね。

みんながみんな、ノエルが消えてしまいたくないためにバラバラになるという…汐音の行動を3人が追随する形を取ってしまうのは悲しい。当のノエルは「みんながにっこり仲良く」というのを見たい訳だが…
ただまぁ、良くも悪くも乃々香と汐音に振り回されてるのが何とも…もっとお互いちゃんと話そう!(提案)
言われて思い出す湊太の留学設定もその通りで、確かに湊太が留学すれば汐音が引っ越す必要性は無いんだよなぁ…
5人の思いとノエルの願いの終着点はどうなるのか、残り3話が楽しみです。

【Amazon.co.jp限定】天体のメソッド 2(特装限定版)(オリジナルアートカード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】天体のメソッド 2(特装限定版)(オリジナルアートカード付) [Blu-ray]
2014/12/04

天体のメソッド 第09話 「さよならの意味」

20141204030418_R.jpg


前回の予想がほぼ当たってしまい、元以前の仲に戻る乃々香と汐音。そして倒れるノエル…
円盤そのものであるノエルは円盤から離れるとやはりこうなるのか。

ノエルが消えることを阻止すべく、乃々香を再び拒絶する汐音であるが…円盤を呼ぶ発案をしたのは汐音であってそれで前回自分たちが呼んだわけではないような事を言った訳ね。
発案したことに罪悪感を持っているというよりは、その後の別れや人間関係の変化を恐れているのだろう。
とは言え、いきなり引っ越しの準備を始めるあたり今度は汐音が黙って出て行こうとするんだろうか。

物語は後半も後半。汐音の意図は分かるとはいえ、予想通りの展開と悪い意味で察しの悪い乃々香と汐音の変わらなさで今回はあまり書くことが無いなぁ。
しかし通過点までの予想が出来ても、最終的な落ち着きはどうなるのかは全く想像できない。残り少ない話数、ノエルと幼馴染達の終着点は…?

天体のメソッド 2(特装限定版) [Blu-ray]
天体のメソッド 2(特装限定版) [Blu-ray]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。